LOGO
メインのコンテンツブロックに移動する
:::

外埔会場

外埔会場 (Waipu Park Area)

テーマ:花と果物の故郷

特色:生産-GREEN(グリーン)-緑と共有

展示館:スマート農業館、ロハス農業館

面積:14.32ヘクタール

外埔会場

外埔会場

外埔会場は農業の根本を示し、新たな5つの農業の価値:「農民」、「農業」、「農村」、「農産品」及び「農産加工品」の理念を体現。「農」、「食」文化が学べるほか、育種の研究開発、生産加工から包装、販売等、新たな農業バリューチェーンを分かりやすく展示しています。会場は農業レジャー体験と自然環境教育が主体となり。

開じる

「農創技術4.0」を通じてスマート農業を発展します。現地の農作物を展示することにより食農教育の多元的な姿を表現します。花博の展覧期間が終了後、2020世界の蘭花会議の開催を企画し、フローラオークションの国際連盟取引市場を組み上げ、国際農創園区に変換しながら新たな5つの農業の価値を実現します。
GoogleMap
永続的な利用

永続的な利用、未来の用途

花博開催期間が終了してからも、会場施設のほとんどが保存されます。生態循環モデルと豊かで多彩なテクノロジーにより、アグロエコロジーを総合的に開発。産業間の提携協力による発展モデルで異業種が手を結び、専門の指導を行うことで農作物のバリューチェーンを繋ぎ、農村の特産品と経験、そして知識と伝統文化といった豊かな資源を効率的に利用します。これにより、外埔会場が農産食品/副食品の産業や、観光産業など教育的意義のある複合的な経営スタイルがとれるようにと願っています。

情報アコーディオン