LOGO
メインのコンテンツブロックに移動する
:::
  • トップページ

  • コンテスト会場
  • コンテスト会場
  • 国際庭園コンテスト
  • コンテンツ

国際庭園コンテスト

2018/11/03(土曜日)~2019/04/24(日曜日)

コンテスト参加国:ブータン

出展者:National Adventure Tour and Trek

作品名:ブータンの花園へようこそ!

ブース番号:1

ブータンの花園へようこそ!(1)
ブータンの花園へようこそ!(2)

設計理念:

ブータンは北は中国、南はインドと国境を接するヒマラヤ山区にある小さな国です。国の総人口は100万人に達しません。首都ティンプーはブータンで最大の都市です。ブータンは立憲君主制の議会民主制国家で、現在はジグミ・ケサル・ナムゲル・ワンチュク国王が執政しています。豊かで多様な生態環境のブータンは全土の72%が森林に覆われ、二酸化炭素の排出がマイナスの国家です。豊かで特色ある文化伝統を有するブータンが採用する国家発展指標は「国民総生産」ではなく、「国民総幸福量」です。こんな興味深いブータンを見に来ませんか。


コンテスト参加国:香港

出展者:シルクロード協会

作品名:海のシルクロード冒険の旅

ブース番号:2

海のシルクロード冒険の旅(1)
海のシルクロード冒険の旅(2)

設計理念:

まばゆく神秘的な門をくぐって海のシルクロードへ。道には特色ある華麗な異国の彫像が並び、美しい花とパートナーが風に揺らぎます。花の波が動くとともに異なる文化空間へ。ドキドキの冒険が体験できます。心の中に美しく何者にも代えられない花園を美しい想い出にお持ち帰りください。


コンテスト参加国:日本

出展者:株式会社田中造園土木

作品名:水七変化

ブース番号:3

水七変化(1)
水七変化(2)

設計理念:

天の恵み、雨水が大地を潤し生き物を育みます。雨は水として大地に降り立ち水の様々な表情を見せます。山で滝の姿をして落ちる姿、地面から湧き出る泉、水を集めて溜まる姿。本作品は日本の造園における手法で「流れる、落ちる、溜まる、湧く、走る、踊る、遊ぶ」という水が持つ7つの姿を表現しました。自然の汲み尽くせぬ奥深さを感じてください。


コンテスト参加国:カザフスタン

出展者:シルクロード園芸協会

作品名:中央アジアの花園

ブース番号:4

中央アジアの花園(1)
中央アジアの花園(2)

設計理念:

中央アジアはヨーロッパとアジア大陸の中心にあり、ヨーロッパとアジアの間を移動する際に必ず通る場所です。古くからヨーロッパとアジアにおけるシルクロード交易の要衝でした。東西の文明が交わり生まれた中央アジア文化の特色を花園に織り込み、金のローマ式柱がパワーを表現します。神話で象徴的な動物や美しく荘厳な人物彫像などがともに神秘的で憧憬を誘う中央アジアの花園に佇んでいます。


コンテスト参加国:韓国

出展者:Korea Association for the Advancement of the Flower & Culture

作品名:韓国民間伝承の花園:永ごうの愛

ブース番号:5

韓国民間伝承の花園:永ごうの愛(1)
韓国民間伝承の花園:永ごうの愛(2)

設計理念:

永ごうの愛の花園は韓国の彦星と織姫の物語からモチーフを得ています。彦星と織姫は夏の夜に輝く2つの星の間にある愛情物語です。当花園は物語の筋を順番に表現し、ブルーの灯篭、韓国のデザイン柱といった韓国の伝統的な花園にある要素を盛り込みました。歩道に沿って参観ながら、伝統的な民間の物語を視覚的に鑑賞できます。


コンテスト参加国:マレーシア

出展者:国際フラワーアート教育協会

作品名:マレーシア雨林ワクワク旅

ブース番号:6

マレーシア雨林ワクワク旅(1)
マレーシア雨林ワクワク旅(2)

設計理念:

ゲストを迎えるマレーシアの国花ハイビスカスは情熱を象徴しています。広葉喬木の間をコケ、ワラビ類、フジ、ランが彩り、熱帯雨林のムードを盛り上げます。鮮やかな花のほか、庭園を歩くと可愛いマレーバクとラフレシアが楽しませてくれます。


コンテスト参加国:モンゴル

出展者:モンゴルオブス県政府駐台湾弁事処

作品名:大漠風情-モンゴル

ブース番号:7

大漠風情-モンゴル(1)
大漠風情-モンゴル(2)

設計理念:

モンゴルは年間を通して乾燥し、樹木が大変少ない国です。首都ウランバートルは現代的な都市ですがその他の地区では多くの人々が遊牧を中心に生活しています。出展はかつてのチンギスハンの東征に倣い、移動式住居のパオと牛車、モンゴルの伝統的な文物を取り入れたほか、伝統的な羊小屋を背景にデザインしました。


コンテスト参加国:ミャンマー

出展者:I Love Myanmar

作品名:約束の地-ミャンマーの花園

ブース番号:8

約束の地-ミャンマーの花園(1)
約束の地-ミャンマーの花園(2)

設計理念:

ミャンマーは悠久の歴史と文化を持つ国です。この花園はミャンマーの国旗を転化させて民族の特色と願いを表現しました。白い5つ星はミャンマー連邦が永久に存続する意を、黄色と緑と赤の植物はミャンマー国旗の色彩「団結の黄色、和平と安寧、青ネギと翡翠の緑、勇敢と決心の赤」を象徴しています。


コンテスト参加国:ネパール

出展者:Lalit Mandap Art & Architect P.Ltd.

作品名:生活風情

ブース番号:9

生活風情(1)
生活風情(2)

設計理念:

当花園は今回の花博テーマ「花現GNP:自然で人にやさしい新しい花の都」に呼応して特別に設えたものです。屋外の花園として最良の効果が引き出せるように細部にまで心を込めました。花園は全てネパール出身の大工と専門家の手によるもので、ネパール原生の素材を使用。ネパールの芸術と建築の美を表現しつつ、代表的なネパールの生活風情を反映させています。花園の中にはネパールの手工芸品、文物、花、地元の生活に根ざした素材を展示リリース。花園にはこのほか、旅客インフォメーションセンターと文化展示パフォーマンスがあります。


コンテスト参加国:オマーン

出展者:オマーン駐華商務弁事処

作品名:インパクトのオマーン-堡塁オアシス

ブース番号:10

インパクトのオマーン-堡塁オアシス(1)
インパクトのオマーン-堡塁オアシス(2)

設計理念:

オマーンには500余りの堡塁が開放保存されており、それぞれに特色があります。ユネスコの世界文化遺産に登録されている堡塁もあります。本作品はサンドアートによりオマーンの堡塁を復刻し、現地の地形を表現しました。ナツメヤシを背景に砂漠のオアシスと多肉植物による植栽を配置し、オマーンの雰囲気を醸し出しています。


コンテスト参加国:パキスタン

出展者:Far East Oriental Trading Company (Pvt) Ltd

作品名:パキスタンの花園

ブース番号:11

パキスタンの花園(1)
パキスタンの花園(2)

設計理念:

パキスタンの花園は歴史的に名高いムガル王朝でその名をはせた チャハール・バーグ (Chahar Bagh:4つの庭園の意)に倣って設計しました。花園は4ブロックに分かれ、世界のバランスを象徴します。また、中道を維持するという重要な意味も込められ、世界が本当の調和を得ることを表しています。調和はまた、過去、現在、未来の園芸技法において最も重要で貴重な要素です。花園の4つのブロックはそれぞれ愛、受け入れ、感恩、純潔を象徴し、世界の異なる信仰が調和を取って同じところに共存するという美しい期待が込められています。


コンテスト参加国:シンガポール

出展者:シンガポール花卉協会

作品名:融和

ブース番号:12

融和(1)
融和(2)

設計理念:

中国と日本のデザインをブレンドした設計です。南洋の生態池と玄武岩を並べて造ったしし座が獅子の都-シンガポールを象徴し、台湾のマダケとカラフルな植物を合わせ、グリーン、生態、生活の重要性を宣言しているかのようです。また、シンガポールの融合された多元社会をくっきりと浮かび上がらせています。


コンテスト参加国:台湾

出展者:中華民国景観工程商業同業公会全国連合会

作品名:お腹いっぱい食べた?台湾の印象-三「生」永続

ブース番号:13

お腹いっぱい食べた?台湾の印象-三「生」永続(1)
お腹いっぱい食べた?台湾の印象-三「生」永続(2)

設計理念:

台湾庭園は「お腹いっぱい食べた?」という生活に根ざした挨拶を景観ストーリーの主軸に据えました。

庭園は全体を、時代の変化にある中での人々の生活美学と多元にミックスされた文化スタイルで表現しています。

赤レンガで構築された台湾庭園は生活、生産、生態の3つの「生」が一体となって永続的に発展する景観テーマを表現しています。


コンテスト参加国:フランス

出展者:ナント市

作品名:ナントの鰻

ブース番号:14

ナントの鰻(1)
ナントの鰻(2)

設計理念:

ナントで生まれたヨーロッパウナギは鮮やかに競い合う自然環境の中で成長し進化してきました。カラフルな世界へようこそ!ヨーロッパウナギが新しい道を追い求めています。どんどん遠くへ行くうちに終わりがない旅に。ウナギはフランスのナント市にいて、太西洋ロワールを象徴します。このヨーロッパウナギが海を渡って遠く2018年の台中花博にたどり着きました。両方の地を結び、ナントと台湾の色をご覧いただけます。両方の地にある植栽と景観の形、色、紋による美しい旅をプロデュース。

探検!行くと言ったら即出発!

ともにこの植生の中に浸り、曲がりくねる小道をそぞろ歩く。

小休止して周囲の景色を楽しみ、ナントの空気を吸い込みませんか。


コンテスト参加国:フランス

出展者:Michèle & Miquel, France

作品名:十倍の幻像

ブース番号:15

十倍の幻像(1)
十倍の幻像(2)

設計理念:

迷彩。煌めき。軍用帆布の下に隠れて外界の目に晒されるのを避け、館内でひっそり繁殖しています。軍用車は敵軍飛行機に発見されないよう、3列に平行に並ぶ緑樹に隠れています。本作品は植生に特有の神秘的な力を引き出しました。葉と林は鋼製の遮蔽物より効果的に地面施設を覆い隠し、空襲から逃れます。デザイナーは引張性のあるロープで壁面を固定しつつ、吊り下げられたソフトミラーを支えました。鏡面はこのブロックの周縁にあり、四方八方から葉の林を映してジャングルに百、千本の樹木があるかような幻像を生み出します。軍用帆布の下から潜入すると、すぐに樹林と天に向かう鏡の迷宮を見ることができます。


コンテスト参加国:フランス

出展者:サン=ポル=ド=レオン市

作品名:ブルターニュからのポストカード

ブース番号:16

ブルターニュからのポストカード(1)
ブルターニュからのポストカード(2)

設計理念:

灯台に到着。灯台の中には青いよろい戸が、外には小さな花園があります。花園を散歩すると、辺りはいい香りが漂い、カラフルな色彩も楽しめます。灯台を探しに行き、その上に立てば海と岩、ブルターニュの青草が見えます。


コンテスト参加国:ドイツ

出展者:KulturAnker e.V.

作品名:時の花型

ブース番号:17

時の花型(1)
時の花型(2)

設計理念:

展示館は竹製の大きな立方体で、ハーブ植物に周りを囲まれています。ドイツのモダンアート作品が全体を引き立たせます。「花が刻む時間」をテーマに、創作グループが文化と芸術が融合した展示をし、ドイツの「バウハウス」をコンセプトに台湾のまっすぐ伸びる荘厳とした竹の特性を表現しました。展示館には芸術史に必要な表現スペースのほか、ドイツの若い新鋭アーティストによる力作があります。1階建ての作りは芸術と異文化を啓発するプラットホームとして見る者を引き留めます。


コンテスト参加国:オランダ

出展者:アメル市、オランダ貿易投資弁事処

作品名:オランダ国家館:緑の都アメル

ブース番号:18

オランダ国家館:緑の都アメル(1)
オランダ国家館:緑の都アメル()2

設計理念:

台中花博が終わったらオランダ館はどうなるのでしょうか。私たちはアメル市による2022年国際園芸博覧会をコンセプトに、台湾で初めての循環建築を造りました。理想の未来都市をスケッチし、展覧を終えてからは建材と設備の生命を循環させます。オランダ館で美しい花と永続する未来をご覧ください。


コンテスト参加国:スペイン

出展者:Michèle & Miquel, Spain

作品名:木の枝

ブース番号:19

木の枝(1)
木の枝(2)

設計理念:

大型樹木の枝を使ったアーチ建築です。近隣の辺境地帯の地形に足場を組んでいます。小ぶりの枝で補強して低い所から秩序立てて並べ、てっぺんに近づくにつれ疎らになっています。陽光が枝の間から入り、建物の軸心部の貯水池に映り、枝と木陰が倒影して水面上に映えます。三角錐の建物を出て顔を上げると、小さく生い茂る林が二つ目に入ります。これは現地にあった植被をそのまま残したものです。錯綜する複雑な枝ぶりの花園には、たくさんの鳥たちが住みついています。異なる湿度、陽光に晒され、土壌の変化、様々な昆虫、トカゲ、鳥類、そして全てのコンクリート道路に生存する野生動物などが休息をとることができ、野草とツタ植物が建物に絡まって育ちます。枝を湿った地面に深く埋め、自らの酸素を土壌の昆虫やキノコ類、その他の細菌に送ることもできます。生物が長い時間をかけて消化システムを作動させ、最後に全ての物質が土にかえります。有形のものが最後に無形になり、枝は土になります。


コンテスト参加国:トルコ

出展者:Lisinia Turizm Sağlık Hayvancılık Tarım Madencilik San. ve Tic.Ltd.Şti

作品名:人類と世界の自然生活

ブース番号:20

人類と世界の自然生活(1)
人類と世界の自然生活(2)

設計理念:

人類は自己と世界の環境悪化に対して責任を取らなければなりません。人類にはこうした状況が悪化し続けるのを阻止する能力があります。私たちは野生動物とその生息地及び私たちの水資源を保護しなければなりません。


コンテスト参加国:イギリス

出展者:社団法人英国ロンドン政経学院台湾同窓会

作品名:イギリス温室の優雅な芸術と花園の暮らし

ブース番号:21

イギリス温室の優雅な芸術と花園の暮らし(1)
イギリス温室の優雅な芸術と花園の暮らし(2)

設計理念:

異国の花がいっぱいのボタニカルアート作品です。手描きの花卉磁器や100年近いイギリスの骨董家具は、英国貴族がイギリス人に残した究極のアフタヌーンティーの饗宴です。王室のチャールズ王子の王立植物園Kew Gardenから、一般民衆の花園でのアフタヌーンティーの約束まで、イギリス人の園芸と植物学にかける熱い想いにより形成された生活の趣です。


コンテスト参加国:カナダ

出展者:Global Asian Interactive Youth Association

作品名:カナダの風情-湖畔のスノ-ハウス

ブース番号:22

カナダの風情-湖畔のスノ-ハウス(1)
カナダの風情-湖畔のスノ-ハウス(2)

設計理念:

カナダの針葉樹林で埋め尽くされた山脈は、世界の新七大自然奇景と称されました。白い雪に覆われた小屋に神秘的な針葉樹林を合わせて童話の場景を再現しました。楓林の間に隠れた木の小屋がメープルシュガーの甘い希望を漂わせます。冬の終わり、初春に雪が溶けて渓流になり山が緑に染まれば、再び春が訪れます。


コンテスト参加国:チリ

出展者:Magia del sur Andino

作品名:チリの詩園-作文、再利用、再設計

ブース番号:23

チリの詩園-作文、再利用、再設計(1)
チリの詩園-作文、再利用、再設計(2)

設計理念:

本館の景観設計は3つの概念を融合させました。

新式の回収材料
現代の景観デザイナーにとって材料リサイクルは欠かせません。私たちは中古の運搬パレット、工事用砂石、その他のリサイクル材で創作をすることで、デザインに現代の質感とボリュームを添えました。

チリ地形の隠喩
作品では隠喩によりチリの地理的特徴と景観を再現しました。現代の構造とシンプルなラインでアンデス山の高さやチリの河川、湖沼、海洋、山谷などを表現しています。

永続性と生態にやさしい景観デザイン
私たちのデザインは永続的発展、水資源の保護、自然と結び付き且つメンテナンスをあまりしなくてよい点を原則にしています。

チリで最も素晴らしい詩
庭園にはチリの栄誉である、Pablo Neruda氏とGabriela Mistral氏という二人のノーベル文学賞受賞者の作品を世界の皆さんとシェアしています。Gabriela Mistral氏はラテンアメリカ初のノーベル文学賞を受賞した栄えある女性詩人です。


コンテスト参加国:パラオ、ソロモン群島、マーシャル群島共和国大使館

出展者:パラオ共和国大使館、ソロモン群島大使館、マーシャル群島共和国大使館

作品名:アジアの友情連合庭園

ブース番号:24、25、26

アジアの友情連合庭園(1)
アジアの友情連合庭園(2)

設計理念:

パラオ大使館の提案で友邦に声をかけ、共同でアジア太平洋友邦連合の庭園をプランニングしました。白砂のビーチに水のある景色と熱帯の植栽を合わせ、アジア太平洋にある友邦の特殊な地理環境と生態を表現しています。さらに文化的特色のある小屋を設置し、海洋群島の各国における特色ある文物を紹介して国際交流を促し、親しく交流を持つ国同士の友情を深めています。


コンテスト参加国:アメリカ

出展者:米国ハワイ州政府駐台北弁事処

作品名:ポリネシアの伝説

ブース番号:27

ポリネシアの伝説(1)
ポリネシアの伝説(2)

設計理念:

モアイ像により南の島の先住民による智慧と伝記に思いを馳せます。


コンテスト参加国:マダガスカル

出展者:La Mira Garden

作品名:不思議な花園

ブース番号:28

不思議な花園(1)
不思議な花園(2)

設計理念:

マダガスカルはマダガスカル島と周辺の諸島で構成されています。プレートが分裂して隔離されているため、異なる自然環境で島に特有の動植物生態系が進化してきました。これを構想に取り入れて異なる庭園の機能と植栽、姿を表現しています。集合と休憩、遮光と水、家庭の機能を集めて平和と安寧を反映させています。


コンテスト参加国:ソマリア

出展者:Global Horticultural Group

作品名:大自然の奇跡礼賛

ブース番号:29

大自然の奇跡礼賛(1)
大自然の奇跡礼賛(2)

設計理念:

ソマリアはアフリカの最東端にある、アフリカスエズ運河に続く世界の経済貿易の機転であり、要衝となっています。四方八方に広がるイメージで多くの動線と出入口を設計し、あらゆる人に対する歓迎の意を表現。熱帯のアブラヤシ科植物と水の要素に植栽のグラデーションをつけ、リラックスして休憩できる自然風景のある庭園になっています。


出展者:国際園芸生産者協会

作品名:行政院農業委員会-国際園芸生産者協会連合庭園

行政院農業委員会-国際園芸生産者協会連合庭園(1)
行政院農業委員会-国際園芸生産者協会連合庭園(2)

設計理念:

当展示館の設計コンセプトは永続的、生態、景観、空気の品質改善という異なる機能を結び付けたものです。本作品は緑化された空間が都市の環境や社交生活、コミュニティの健康に与える重要性を表現しました。都市部に住むたくさんの人たちが集合住宅に居を構え、自分の花園や屋外スペースがありません。