LOGO
メインのコンテンツブロックに移動する
:::

沿革

  • 2018/02/22
    花博先住民族エリア工事開始。全国に先駆けて台中市が先住民の伝統的な智慧の伝授権を申請。
  • 2018/02/20
    花博カード31萬枚を突破。台湾全土における記名カードの申請スピードで記録を塗り替える。
  • 2018/02/15
    林佳龍台中市長がイスラエルで開催された「全世界市長会議」開幕式に参加。国会副議長を表敬訪問し花博をプロモーションする。
  • 2018/02/13
    台中花博キャラクタースタンプ新年挨拶編のダウンロード開始。
  • 2018/02/10
    台中市と長野県駒ケ根市が観光友好交流提携協定を締結。駒ケ根市が2018台中フローラ世界博覧会の国際室内花卉コンテストに参加を申し込む。
  • 2018/01/26
    豊原葫蘆墩公園のめぐり逢い館が完工。
  • 2018/01/22
    台中市民の花博カード申し込みがスタート。
  • 2018/01/08
    花博「初売り先行チケット」販売開始。
  • 2017/09/26
    2017国際園芸生産者協会秋季会議を台中で開催。
  • 2017/06/13
    台中フローラ世界博覧会マスコットキャラクターを記者会見で発表。
  • 2017/04/19
    后里馬場森林会場着工式典。
  • 2016/12/10
    豊原葫蘆墩公園着工式典。
  • 2016/11/20
    外埔会場着工式典。
  • 2016/09/19
    台中フローラ世界博覧会のロゴを記者会見で発表。
  • 2016/09/02 ~ 2016/09/03
    台中市政府市政顧問が后里馬場森林会場を参観訪問。
  • 2016/07/29
    蔡英文総統が台中花博の后里会場を訪問。
  • 2016/05/02
    愛知万博総合プロデューサーの福井昌平氏が台中花博予定地を参観訪問。
  • 2016/02/27
    2018年世界花博の台中開催にあたり、台中市林佳龍市長とAIPHの Bernard Oosterom会長が契約調印。
  • 2015/10/20
    国内の学者らが台中フローラ世界博覧会会場を視察、フォーラム開催。
  • 2015/10
    台中市政府が会場エリアに「花馬楽園」、「森林花園」、「花と果物の故郷」、「ウォーターフロント・花の都」の4大テーマを計画し、「花艶館」、「馬術障害飛越競技場」、「花饗館」、「緑能館(グリーンエネルギー館)」、「自然館」、「発現館」、「探索館」(旅客センター)などのパビリオンを設置すると公表。