LOGO
メインのコンテンツブロックに移動する
:::

沿革

  • 2018/10/25
    后里馬場会場で花舞館の先行記者会見を開催。
  • 2018/10/23
    雲林県、嘉義県、嘉義市と「台中宣言」に署名。
  • 2018/10/19
    オフィシャルサイトをリニューアル。
  • 2018/09/12
    林市長が花博マスコットキャラクターを連れて台北市立動物園で花博PRを行う。台北市、新北市、基隆市とそれぞれ「台中宣言」に署名し、これらの地区を対象とした「県市ウィーク」を発表。
  • 2018/09/12
    国立台湾美術館、国立自然科学博物館、国立公共資訊(情報)図書館、国立台湾交響楽団、台中国家歌劇院(オペラハウス)、亜洲大学現代美術館の6館と共同で花博を盛り上げる記者会見を開催。ともに花の都市を築こうと呼びかけた。
  • 2018/09/07
    テーマ曲「聴いて」のMVを初披露。
  • 2018/09/01
    「台中花博プレオープン計画記者会見」を開催。
  • 2018/08/31
    后里会場の「花舞館」が完工。
  • 2018/08/31
    花博スタッフのユニフォームと関連記念グッズを発表。ユニフォームは台湾で初めてニューヨーク・コレクションのデザイナーに登用された周裕穎氏がテープカットを行い、記念グッズは地元台中の若手起業家と提携した。
  • 2018/08/29
    外埔会場のテロ防止訓練。
  • 2018/08/25
    后里会場の「花馬道」が完工。
  • 2018/08/15
    花博マスコットキャラと宜蘭児童フェスティバルで花博プロモーションをする林市長。宜蘭、花蓮、台東向けの「県市ウィーク」を公布、宜蘭県と「台中宣言」に署名。
  • 2018/08/03
    花博テーマ曲「請聽(聴いて)」デジタルシングル発行。
  • 2018/07/22
    花博まで100日「花博100綻放未来」カウントダウン・コンサート開催。
  • 2018/07/21
    花博PRに応じた武陵農場。林市長が局、処長とともに花博PRの入口イメージスポットを視察。
  • 2018/07/19
    シンガーソングライター呉青峰氏が台中花博PR大使に。花博テーマ曲「聴いて」を発表。
  • 2018/07/12
    ニュージーランドのタウランガ市が「台中宣言」に署名、林依瑩副市長が花博に招待する。
  • 2018/06/21
    台中花博を世界にアピール。ドイツのボン市長が「台中宣言」に署名。
  • 2018/06/17
    初の外部連絡道路-外埔会場連絡道路が開通。
  • 2018/06/07
    オランダのアイントホーフェン市が台中宣言に署名、市長が花博に招待。