台中花博キャラクター公開 大注目のタイワンヤマネコ

発表時間 2017/06/13 00:00
更新時間 2017/06/16 02:45
閲覧者数 139
2018年台中フローラ世界博覧会が后里、豊原、外埔で開催されるのを受け、台中市政府では今日(13)、キャラクターを初披露した。登場したのはタイワンヤマネコの家に住む4匹のかわいいタイワンヤマネコと、近所に住む馬のオールドホースで、両者とも特色あるキャラが設定されている。台湾大道にある市政府ビルには今回の花博に込められた生態保育への想いを多くの人に体験してもらえるよう、「タイワンヤマネコの家」が設置された。林佳龍市長は、キャラクターが公開され、6月末には可愛らしいタイワンヤマネコのLINEスタンプ16種類がダウンロードできるなど一連のイベントを準備しており、花博を控えて皆で台中を花の都市に築き上げたいと語った。

林市長は洪慈立法議員、邱素貞市議員らの付き添いのもと、「2018台中世界花博キャラクター発表会」に出席した。また、市政府郭坤明副秘書長、卓冠廷新聞局長、王俊雄農業局長、蔡世寅民政局長、陳盛山観光旅遊局長、黄荷婷労工局長、原住民族事務委員会馬耀谷木主任委員も出席したほか、蔡雅玲市議員、鄭功進、陳政顕等の議員サービス処代表、紙風車文教基金会の任建誠団長、紙風車劇団パフォーマンス事務所の鄒宜忠所長、アニメ監督の陳旻昱氏らも駆けつけた。会場では「2018台中フローラ世界博覧会」フェイスブックのファンページから記者会見の実況中継をライブ配信、大いに盛り上がった。

林市長は、台中花博のキャラクターに選ばれた「タイワンヤマネコ」と「馬」には台中の生態保育、永続的な発展という想いが込められていると述べた。2014年に市政府が后里展覧エリアに保護動物のタイワンヤマネコの痕跡を発見したことを受け、危機を転機と捉えて后里エリアをタイワンヤマネコのために保留して縮小、同時に外埔と豊原の二か所を加えて不足分を補い現在の花博会場になった経緯から、タイワンヤマネコが選ばれた。さらに生態、生産、生活の考えを取り入れ、GNP(Green, Nature and People)の精神を際立たせたところ国際的に高く評価された。国際園芸生産者協会(AIPH)が名称を「台中国際花卉博覧会」から「台中フローラ世界博覧会」に変更したのも、台中の生態保育に対する姿勢が認められたためだ。

后里はタイワンヤマネコの生態保育のほか、馬場にも課題があった。后里馬場は100年の歴史があり、花博会場のなかにあることから、古跡と歴史的建築物を残して台中世界花博の特色とすることにしたと林市長。他国のように広々とした場所に展覧館を建てるのではなく、台中市は地元の空間特色をもとに、馬場と周辺の兵営地区を合わせて花博展示エリアに置くことにした。また、后里の有名なサキソフォンをキャラクターの一員であるオールドホースのデザインに取り込んで永続的な価値を示し、盛大な集まりが地方に掛け替えのない資産を残すよう計画した。将来的に后里馬場は保存にとどまらずアジア最大の国際馬術競技場へ、また外埔エリアは国際クリエイティブ農業区として、豊原エリアはお菓子の博物館になる。花博のために開通させた交通路線も運送と観光の向上に資するものである。

このイベントを通して、花博が伝える理念「開花の音に耳を澄ます」ように呼びかけ、世界中の人々が台中の花博に参加するよう招待している。台中世界花博は生態保育、文化資産保存といった特色がある点が他の地域における花博と異なっており、タイワンヤマネコと馬がイベントの意味を最も雄弁に表現している。紙風車劇団と各界の協力に感謝し、今後の関連イベントも順調に開催されるよう願っていると市長は語った。

新聞局の卓冠廷局長は、台中花博のキャラクターは台湾の宮崎駿の名を持つアニメ監督陳旻昱氏がデザインしたもので、タイワンヤマネコ一家のお父さんヤマネコ「虎パパ」は万能な農民として植物科学の追求に熱中し、常に各種の動植物が抱える難題を解決する手助けをしていると紹介。また、お母さんヤマネコの「虎ママ」はお菓子作りのプロで、新しい味の研究に励んでおり、虎パパの一押しは特製台中パイとのこと。虎ママは家族の中で最も頭脳明晰で適時に問題提起や是認を行っている。

二匹の子供がお姉さんのラブ(Love)と弟のライフ(Life)だ。ラブは活力いっぱいの小さな大人として奇想天外な発想と自由奔放な行動に溢れ、弟を連れて探検に励んでいる。ライフは好奇心の塊で、常に「どうして?」と聞きまわるムードメーカー。花と果物が好きで、ラブとともに探検していても道端の花に足を止めて見入っている。

タイワンヤマネコ一家のご近所、オールドホースは各種ミツバチを飼育して生計を立てており、果物農家のために果樹の授粉を手伝っている。暇なときに庭で奏でるサキソフォンの音は懐かしさと郷愁を帯びている。博学な彼は子供たちに自然の仕組みや神秘的な法則、現象を解き明かしている。

新聞局によると、キャラクターを公開してから6月末にはキャラクターのLINEスタンプをリリース。タイワンヤマネコ一家と近所のオールドホースの様々な動作やかわいい表情で、彼らの日常生活をいきいきと表現する。虎ママの怒った姿、オールドホースのトイレ姿など楽しい限定版もある。ダウンロード情報は別途公表。花博関連情報はオフィシャルページ(http://2018floraexpo.tw/ )またはフェイスブックファンページ(https://www.facebook.com/2018taichungexpo/?fref=ts)検索ができる。(6/13*6)*新聞局

連絡先担当者: 台中市政府観光旅遊局 寥
担当者電話: 04-22289111内線15213
參展競賽
參展競賽
企業の参加
企業の参加